よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」

webライター兼2児のママ、よつばくま(卯岡若菜)のブログ。1987年生まれのゆとり世代。主に女性の生き方について、考えること、感じることを自由気ままに綴ってます。お仕事依頼はTwitter(@yotsubakuma)のDM、サイドバープロフィールのメッセ―ジからどうぞ♪

よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」 イメージ画像


更新情報

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。「好きなこと」や「好きなもの」、自分で把握していますか?まったく把握していないという人はいないかもしれません。でも、実は「気づかないふりをしている好きなこと」が、心の中にしまわれてはいないでしょうか。今日は、「好き
『「好きなこと」だと気づかないようにしている心のストッパー』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。一読して、しみじみと余韻に浸り続けていた本があります。今、すごく売れている本です。うまく感想にできない気がしていて、それでも書いておきたくて、ようやく言葉にしてみようと思いました。スポンサーリンク1999年の記憶がある
『【本】「ボクたちはみんな大人になれなかった」小さく輝く言葉を、大事に抱いていたくなる本。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。ここ数ヶ月、いろんな人に「はじめまして」の出会いをもらってきました。わたしはひとりで過ごすことが好きです。でも、人と出会うことも、とても好き。内向型だけれど、社交的なタイプなのかなあと思っています。人と出会ったり、
『「誰か」に出会いに行きたい、知り合いたいと思う3つの理由』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。わたしは、ライターという仕事だけではなく、創作をするという意味においても、物書き人間です。最近は、書く脳みそが創作向き仕様になっている時間が多いなあと感じています。バイオリズムなのか、メンタルの調子なのか、何なのか
『家事育児仕事と、「やりたいこと」とのバランスを考える。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。「男はいつまでも子ども」「夫は大きい長男」っていう言葉を耳することが、ときどきあります。これは、夫婦関係において、関係性をストップさせてしまう言葉なのではないかなあ。対等で健全な男女関係って、何だろう。今日は、そん
『「男はみんな5歳児である」だなんて思っても、男女関係は解決も進歩もしないと思う』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。「これをしない人生だなんて考えられない!」というものが、あなたにはありますか?今日は、夫と最近話していて思った、「一芸に秀でる」ことについてのお話。スポンサーリンク「これ!」というものが欲しかったという夫夫は、自分
『簡単に「一芸に秀でる」ことはないし、一芸に秀でているから「幸せ」ではない』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。小6の頃、国語の授業でディベートを行なう機会がありました。そのときの議題に、「大人と子供、どっちの方が得か」という内容があったなあ、とふと思い出したので、ちょっと考えてみました。スポンサーリンクそもそも、ディベートの
『大人と子供、どちらの方がいい?』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。私は、ライターとして働いていたり創作活動をしていたりすることからもわかる通り、「言葉」が好きです。自分が書くものだけではなく、誰かから伝えられた言葉や本で触れた言葉にも、これまで何度も支えられ、救われてきました。今
『心が疲れたときに開くお守りノートを作るススメ。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。今回は、前回の記事(性善説派と性悪説派の人の、他者との向き合い方・付き合い方の違い )の続きです。 スポンサーリンク「人の喜び」が「自分の喜び」にならない人って、いるんだ、という気づき前回書いたとおり、夫は「性悪説」
『【性善説と性悪説】人を喜ばせたい妻と自分が喜びたい夫』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。わたしは無類の人好きです。それは、「人」というものに対する考え方が関係しているのかもしれないなあと思っています。スポンサーリンクあなたは性善説? 性悪説?「性善説」とか「性悪説」っていう言葉がありますよね。性善説…
『性善説派と性悪説派の人の、他者との向き合い方・付き合い方の違い』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。わたしは仕事とは別にオリジナル創作活動もしています。公募に出す活動は現在児童文学作品中心ですが、一般小説を書くことも好きです。スポンサーリンクよつばくまは「BeFree創作部」に参加しています辺境の地にむか~し作ったホー
『【BeFree創作部】小説を書くことで、わたしは生き延びてきたと思う。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。はっきりとしたきっかけや理由もなく、気持ちが不安定になることがあります。ホルモンサイクルの影響なのか、天気のせいなのか、疲れがたまっているのか、ほかに何か原因が隠れているのか、原因は自分でもわからないのです。何かが
『情緒不安定の兆しを感じたときに、わたしがやっている5つのこと。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。幼い頃から、わたしは「繊細」、「打たれ弱い」、「脆い」、「弱い」と親に思われ、小学校高学年頃からは実際に言われて育ってきました。「病気にならないように、図太くならなきゃダメだ」と、何度言われたことか。「そんなことを
『【HSP】繊細・敏感・弱さ=悪・病気じゃない。ダメージを受けやすいことは「甘え」や「劣っている」わけじゃない。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。女が社会で働くことについて、とある本を読んで「もやもや~」っとしていたのですが、良いタイミングでこんな記事にぶち当たりました。「おっさんへの“媚び”は処世術ではありません」 女子が30歳までに知っておいたほうがいいこ
『女性社員は男性社員のご機嫌取りをする必要はないよね』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。今朝、NHKニュースで、「おとう飯(はん)」という名前をつけて、男性の料理参加キャンペーンを始める……というものを見ました。「へー」と思ったわたしです。スポンサーリンク平成32年までに男性の家事育児時間を150分に! ……
『「おとう飯」で男性をイクメンに! 日本の父親の家事育児への参加時間を伸ばせ』の画像

↑このページのトップヘ