よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」

webライター兼2児のママ、よつばくま(卯岡若菜)のブログ。1987年生まれのゆとり世代。主に女性の生き方について、考えること、感じることを自由気ままに綴ってます。お仕事依頼はTwitter(@yotsubakuma)のDM、サイドバープロフィールのメッセ―ジからどうぞ♪

よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」 イメージ画像


更新情報

昨日は次男の誕生日でした。3歳になっちゃったよ……。下の子だからなのか、次男がベビーフェイス+声が高い+髪の毛がほわほわタイプだからなのか、私にはまだまだ赤ちゃんのように感じられるため、「3」という数字にビビっています。3歳なのかー。三つ子の魂百までの三つ子
『三つ子の魂百までは本当のこと?』の画像

私は基本的に人好きです。男女年齢問わず、人と関わったり話したりすることが好きです。人見知りも少ないため、割と誰とでもすぐに親しく話せるようになります。挨拶して、ちょこちょこ話してーを繰り返している内に、いつの間にか仲良くなれたママも多いので、友達ママ(Not
『人見知りなし、コミュ力(たぶん)有りの私が、「無理!」と思う人の共通項を考えてみた』の画像

先日、俳優の成宮さんが引退するというニュースがありました。実際のところ、コカイン報道が黒なのか白なのかという話は今回私にとってはどうでも良くって。(まあ、どうでも良いというのは言い過ぎというか、乱暴な言い方ですが)セクシュアリティの報道の方に、憤りを覚え
『成宮寛貴さん引退のニュースに思う…セクシュアリティ公表の自由』の画像

新潟市の高校生が、いじめを苦に自殺していたというニュースを昨日テレビで見ました。お父さんが遺書を公開し、その文面が紹介されていました。その中の、「本当はもっと生きたかったけど、もう生きていける気がしない」という部分が強く心に残りました。まだ高校1年生。どれ
『いじめに遭っていて死にたい人、いじめに関わる先生へ。』の画像

もうすぐ年末ですね。我が家は実家(大阪)に帰省します。年間に2回しか帰省できず、遠さのデメリットを感じることもありますが、帰省中には、「やっぱりこの距離感がちょうどいいのかもしれないなあ」と思うこともたびたびあります。スポンサーリンク親の価値観から離れられ
『その思考は本当に自分のもの?親の影響力から逃れられない私』の画像

先日火曜日の長男の発熱に続き、昨日の夜中から次男が発熱しました……。朝から38.8度あったので、職場の班長に電話をしましたが、不幸なことに今日は子どもの行事で休みを取っているスタッフが多かったらしく、「ごめん、休ませられない」とスパーンと言われてしまいました
『いざというときに子どもを預ける場所がないワーキングマザーの苦悩』の画像

私は今ライター業の収入を軌道に乗せられるまで、パートの掛け持ちをしています。そのうちの1つがお弁当の配達です。会社は入ってみないとわからない、とはよく言われることですが、まったくもってその通りでした。必要な経費にきちんとお金をかけることって、大事だよなあと
『自己投資を正しくすることは、無駄遣いなんかじゃない』の画像

私はガラケーユーザーです。秋口に五年ほど使っていた機種の画面が突然割れたのですが、機種の保障サービス(安価で同機種または同種の別機種を買える)を利用して、またガラケーを買いました。周りには「何で!?」と言われましたよ。(笑)スポンサーリンクガラケーを使い
『ドコモiモードガラケー生産終了! ガラケーユーザーの私が思うこと』の画像

昨夜NHKの19時のニュースを何となくつけていたら、キュレーションサイトのニュースが流れて思わず手を止めました。最近クラウドソーシングを始めた私にとって、無関係ではない話題。業界のこともまだきちんとわかっているとは言えないペーペーではありますが、今の私が思った
『Denaキュレーションサイトのニュースについて、駆け出しライターが思ったこと』の画像

埼玉県に住む子育て世帯には、「パパママカード」という子育て応援カードが配布されています。さまざまな店舗で特典が受けられるのですが、その中の1つ、ゲオでは旧作が1作無料で借りられます。ということで、上映当時赤子育児中で行けなかった「レ・ミゼラブル」を借りてき
『【映画】レ・ミゼラブルを観て思う、正しさの思い込みという怖さ』の画像

10代半ば~20代はじめにかけて、私は鬱的な状態でした。その頃に、親や周りに言われたのが、「考えないようにしなよ」でした。スポンサーリンク「考えない」ようにしたら、生きている実感がなくなった意識して考えないように考えないようにと過ごすようにしたら、その状況に
『考えないようにするよりも、考えている自分の方が健康だった』の画像

仕事が好き、楽しんでいる女の人は、子供を産むことを「時間がストップしちゃうから」とか、「他から遅れちゃうから」と考えて、躊躇しちゃう、ということがありますよね。私の友人の1人がそういう子で、迷っているようでした。たとえ育児は自分以外の人ができるとはいえ、妊
『育児経験も履歴書に書けたらいいと思う』の画像

もうすぐ冬のボーナスですね。ただし、11月頭に転職をした我が家の夫には、今年の冬のボーナスはございません……。わかっていたことですが、年末年始前にボーナスが出ないことは、ただでさえ薄給世帯の我が家にとっては厳しい限りです。ちなみに月給も下がってます。異業種
『夫が転職したいと言い出した! 給料は下がる休みは減る、さて許す?』の画像

過労自殺などのニュースで、職場環境を是正しよう、働き方を考えようという流れがありますね。車でラジオを流していたら、CMでも「ライフワークバランスを!」という言葉が使われていました。スポンサーリンクライフワークバランスって何ぞや私がこの言葉を聞いたのはもう6年
『妻が家事育児を担える前提の職場が、まだまだ多すぎるのだと思う』の画像

「一億総活躍社会」という言葉、どう感じますか? 私はどうにもモヤモヤしたものを感じます。「活躍」って、どういう意味合いでの活躍なんだって思ったこと、ないでしょうか?スポンサーリンク 活躍=生産性活躍という単語を、あらためて調べてみると、「めざましく活動す
『一億総活躍社会の活躍って、経済的なものだよね』の画像

↑このページのトップヘ