どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。

私はクラウドソーシングサイトを利用して、仕事をすることが多いです。

今日は、そんな私が仕事を選ぶときに重視しているポイントのお話。


スポンサードリンク


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-3814819541841513"
data-ad-slot="9408875687">



プロジェクト提案が中心、ときどきタスク

4611563aaba914c6963b9bf179f5b8e3_s


私が登録しているサイトは、 ランサーズ クラウドワークスの2つ。


クラウドソーシング「ランサーズ」  クラウドワークス


両者とも、仕事内容は


・タスク:案件に出ている仕事をして、承認されたら報酬GET

・プロジェクト:プロジェクトに提案し、クライアントに選ばれたら仕事開始

・コンペ:案件にある仕事をして、たくさん集まった完成品の中から選ばれたら報酬GET



の3種類の形式に分かれています。

コンペはオリンピック競技場のデザインや、ロゴマークのデザインなどで行われているのを目にするため、イメージがしやすいかと思います。

現在、私は「プロジェクト」を中心に仕事を得るようにしています。

継続して依頼頂ける案件があるということと、単価がタスクよりも高いものが多いことが理由です。


初めはタスクを数回使って、慣れてきたところで、思い切ってプロジェクトに提案を始めました。

今でも、提案する案件を探しているときに、めぼしいタスクを見つけたら、サクサクッとタスク形式の仕事をすることもあります。


1に内容、2に単価!プロジェクト案件の選び方


プロジェクト案件に絞ると、次は案件名の部分をざーっと見ていきます。

このとき、「ん?」と思ったものを、ひたすら「新しいタブで開く」にして、ある程度まで見ていきます。

この、「ん?」は、自分の書きやすいジャンルのものや、あきらかに高単価なものなど、さまざま。

ちなみに、現在は出来うる限り1文字1円以上を目安にしています。



それから案件詳細ページを見て、じっくり詳細を見ます。

このとき、案件名では「1,000円/1記事」などとされていて、1文字1円だろうと思われたのに、詳細を見たら違った…というものを、ふるい落としていきます。




チェック大事。早とちり、ダメ、絶対。



どれだけ記事の内容が得意なものでも、書きたいなーと思うものでも、単価が0.1円のものなどは、除外。

また、「うっわ、これ…文字単価よさげ!」というものでも、詳細を見て、「……うん、時期尚早☆」と思ったら、除外します。(ジャンルであったり、求められているクオリティであったり、理由はいろいろ)

自分自身のレベルと、文字単価とのバランスを見極めるのが大事だなーと思っています。

もちろん、レベルを上げてはいきたいですが、いきなり軽装備で富士山には登れませんので……。

チャレンジ精神は成長に必要ですが、「負荷は少しずつ」、と思っています。




Have a nice day!