よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」

webライター兼2児のママ、よつばくま(卯岡若菜)のブログ。1987年生まれのゆとり世代。主に女性の生き方について、考えること、感じることを自由気ままに綴ってます。お仕事依頼はTwitter(@yotsubakuma)のDM、サイドバープロフィールのメッセ―ジからどうぞ♪

よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」 イメージ画像

2016年12月

「十二人の死にたい子どもたち」を読みました。どうも、よつばくまです。クリスマスイブに何てタイトルの本を読んだんだろうか…。(笑) 冲方丁作品は初めてでした。そもそも、冲方作品でこちらの作品は初の現代を舞台にした作品なので、これだけを読んで「読んだことある!
『【本】「十二人の死にたい子どもたち」レビュー』の画像

私の母親は、私が中学生になるまでの間、専業主婦でした。今、子育て世代の方も、そのような方が多いのではないでしょうか。中には小さい頃から鍵っ子だったよ!という人もいるとは思いますが、今に比べると、断然子供が幼い内は専業主婦という割合が多かったように思います
『理想の母像を自分の母親に当てはめすぎると、しんどくなることもある』の画像

朝から子宮頸がん検診に行ってきました。よつばくまです。関西時代に受けていた子宮頸がん検診や、妊娠中の内診では、完全にカーテンで仕切られていて、下半身から向こうが見えない仕様になっていました。なのに、今回の医院は同室でカーテンも意味をなさないくらいの丈+閉
『ママこそ子宮頸がん検診のススメ!早めに予約して受けに行こう』の画像

おはようございます。よつばくまです。図書館で偶然目について借りてきた本が、見事にヒットしました。読みながら「うああああ、これだ私が言いたいのはーーー!!!」と興奮。ものすごい共感度。「関係貧困」の男、「時間貧困」の女読んだのはこちら。2015年に出版されてい
『【本】女側ばかりを変えようとしていても、いつか破綻が来るだけだ』の画像

こんばんは。今朝寝坊したよつばくまです。しかも昨夜は寝かしつけながら寝落ちしてしまったので、一体何時間寝てたの、という。(12時間くらい?)最近自分の中に多忙感が詰まっていて、ぼやーっとしている気がします。スポンサーリンク頭で考えられていないと、心が置いて
『時間に「流される」のではなく、時間を「過ごす」ために。たまには、あえて手間がかかることをしてみる。』の画像

おはようございます! よつばくまです。図書館で借りて読んだ本が、どこかwebライターに繋がるなあと思ったのでご紹介。スポンサーリンク「かたつむり食堂」の小川糸が描く代書屋の物語「ツバキ文具店」 王様のブランチの書籍コーナーで特集されていました。そのとき図書館
『【本】小川糸が描く代書屋の物語「ツバキ文具店」』の画像

公開からもうすぐ1ヶ月ですが、ようやく家族の体調不良の波が落ち着いたため、昨夜子どもを夫に任せ、1人レイトショーで観に行ってきましたよ!ファンタジック・ビースト!公式サイト良かったですー。タイトルとともに流れてくるハリーポッターのテーマ曲のメロディーにぞく
『【映画】ハリーポッター世代が語るファンタジック・ビースト:ニュートの対人スキルの不器用さが魅力!』の画像

↑このページのトップヘ