よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」

webライター兼2児のママ、よつばくま(卯岡若菜)のブログ。1987年生まれのゆとり世代。主に女性の生き方について、考えること、感じることを自由気ままに綴ってます。お仕事依頼はTwitter(@yotsubakuma)のDM、サイドバープロフィールのメッセ―ジからどうぞ♪

よつばくまの「3兎を追ってもいいじゃない」 イメージ画像

育児

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。子育てって、大変ですよね。いくら子どもをかわいいと思えていても、楽しいだけでは回らないですよね。大阪府和泉市であった悲しい出来事。決して対岸の火事ではないこと、育児中の母親なら頭によぎる人も多いのではないでしょうか
『子どもとふたりでいるのが怖くなるママたちへ』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。InstagramやFacebookだけではなく、Twitterを見ていても、「がんばっている親」が多いなあと感じることが多いです。Twitterではキラキラばかりではなく、リアルな愚痴や悩みを見ることもできますが、「がんばっているなあ」と感じる
『親をやめたいと思うときがあってもいい。だって人間だもの。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。家事育児の分担、夫婦で話し合えていますか? 上手に割り振れていますか? 今日は、夫婦間の家事分担について、我が家のリアルをご紹介します。スポンサーリンク style="display:block; text-align:center;" data-ad-layo
『家事分担についての夫婦の相違。』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。夫婦のあり方について、ぼんやり考えることが多い日々を過ごしています。夫婦って、究極の人間関係のひとつだと思います。だから、どんなスタイルであってもいいと思う。正解はないでしょう。ただ、やっぱり健全な人間関係として、
『稼ぎが少ない&ない夫・妻はヒモではない』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。今回は、前回の記事(性善説派と性悪説派の人の、他者との向き合い方・付き合い方の違い )の続きです。 スポンサーリンク「人の喜び」が「自分の喜び」にならない人って、いるんだ、という気づき前回書いたとおり、夫は「性悪説」
『【性善説と性悪説】人を喜ばせたい妻と自分が喜びたい夫』の画像

どうも、よつばくま(@yotsubakuma)です。今朝、NHKニュースで、「おとう飯(はん)」という名前をつけて、男性の料理参加キャンペーンを始める……というものを見ました。「へー」と思ったわたしです。スポンサーリンク平成32年までに男性の家事育児時間を150分に! ……
『「おとう飯」で男性をイクメンに! 日本の父親の家事育児への参加時間を伸ばせ』の画像

↑このページのトップヘ